クリニック案内

ごあいさつ

私たちはみな独自の個性をもち、地に足をつけ、天の光をうけて咲く、それぞれに美しい花のような存在です。その人の力が最大限に輝くことをお手伝いできればと願います。
こころとからだ・光の花クリニックは、あまりお薬に頼らず、その人のもつ自然治癒力の促進を大切にするメンタルクリニックです。とくにストレス関連性疾患に強みをもちます。 併設施設「スペース白い花」を訪れる心理療法、運動療法、相補代替療法の専門家と共に、よりよいメンタルヘルス支援の実地検証をしていきます。

こころとからだ・光の花クリニックは、東京阿佐ヶ谷の中杉通りにある、心のケアを専門とするクリニックです。

院長西(白川)美也子は、PTSDをはじめとするストレス・トラウマ性疾患や発達の課題をもつ大人や子どものケアに長く携わり、さまざまな心の病や悩みを、こころとからだに焦点をあてて速やかに改善する治療を多くの方に提供したいと考えています。

その方にとっての最適な治療を行うために、当クリニックは、保険診療と特殊療法を行うクリニックに加えて心理療法や相補代替療法の専門家との恊働とその効果の実地検証をめざした併設の「スペース白い花 (spaceshiroihana.com)」を備えています。

小さなクリニックですが、床下には竹炭を敷き詰め、無垢の木で内装し、木の香りのこころとからだにやさしい空間になっています。

こころとからだ光の花クリニックとは

メインポリシー

こころとからだ・光の花クリニックは、主に女性や子どもを対象にしたクリニックです(男性の方も現在2割程度いらっしゃいます)。とくにストレスやトラウマ関連で引き起こされる各種の状態への対処に強みをもちます。通常の保健診療における対話的精神療法・認知行動療法をベースに、その方の状態に応じて30分からの選定療養費をいただいてEMDR、TFT、自我状態療法(ホログラフィートーク)、持続エクスポージャー、トラウマフォーカスト認知行動療法、STAIRS/NST、ナラティブエクスポージャーセラピー、スキーマ療法、ブレインスポッティング、See Far CBT(履修順)などの特殊療法を柔軟に組み合わせた心理療法を提供します(子どもと養育者の方を対象にしたトラウマフォーカスト認知行動療法のみ単独での提供です)。

精神科医主治医のいる方の心理療法は、主治医の同意と紹介状がある方のみ連携をとるという形でお引き受けいたします。投薬治療や心理療法の提供以外に、ご希望があった場合に、併設施設「スペース白い花」において、フラワーエッセンスカウンセリングや、他の領域の代替療法家を紹介することができます。

サブポリシー

  1. 女性や子どもに優しい治療

    発達途上の子ども、妊娠出産子育て期の投薬が難しい時期や、ホルモンバランスが大きく精神症状に影響する女性の特有の心身に対して優しいセンシティブな治療を行います。性差をわきまえた上で、女性や子どもに優しい治療はすべての人に優しい治療であるでしょう

  2. 自然治癒力やセルフケアスキルの獲得を大切にする薬に頼らず自分で治る力をつける治療

    その人の自然治癒力と症状対処スキルを身につけ、薬に頼らず自分で治る力をつけるお手伝いをします。希望のある方には併設の「スペース白い花」と契約している志の高い心理療法家、運動療法家、相補代替療法家に紹介し、協働で治療を行います。

  3. その人の歴史のなかの「今ここ」における症状の成り立ちの重視とさまざまな治療技法の使用

    その人本来の個性の上にのる生育歴、トラウマ歴、現在のストレスなどによって現れた「今ここ」の症状の成り立ちを明らかにして関わって行きます。前述した様々な技法を柔軟に組み合わせ、単に症状を制圧するのではなく、その人の人生がよりよい方向に進むことによって症状が不要になる治療を行えればと願っています。

予約について

丁寧な診療を目指しているため、予約制としております。初診の方は3ヶ月に一度、第一水曜日の10時より予約を承っております。お電話でご予約の上受診されてください。
尚専門職からの紹介およびトラウマを受けたお子さんと家族の治療に関してはその精神科的な状況の緊急性に応じて適宜承っております。
専門職からの紹介の場合、必ず当院に、まず専門職の方がご相談ください。口頭で紹介されたということで直接連絡をとってこられた患者様がいても受診対象外であることもあり、なるべくクライエントを傷つけないためにも、どうかご配慮のほど、よろしくお願い致します。

次回の予約受付は6月第一水曜日10時より、7月から9月の分を承ります。

診療時間

診療時間
9:00~12:00
13:30~18:00

受診にあたって

私たちの強みと問題意識

院長は、乳児期から老年期までの全年代、触法精神障害領域以外のすべての領域の精神疾患の治療経験がありますが、なかでも専門は女性や子どものトラウマによる精神疾患です。長く特別支援学校との協働を行った経験から、ADHDやアスペルガー性障害などの発達課題をおもちの方、 児童福祉システムとの協働から、子ども虐待やDVなどによる傷つきの支援、出産を専門にする婦人保護施設との協働や産婦人科・小児科領域との協働や研究の 経験から妊娠出産関連の悩みなどの支援経験も豊富です。久保田貞好先生も同様に、ストレス・トラウマ性疾患に深く興味をもち、通常の精神科的アプローチを超えて、特殊療法、相補代替療法を含むさまざまな治療法を研鑽してきたという意味で連帯しています。

院長は、行政での精神保健福祉センター設立とそこでの地域連携の経験から、多くの地域での問題ケースの背後にトラウマ体験が関係していることを知りました。子ども時代のトラウマから現在にいたるまでの強度のストレスやトラウマ体験は、次のように、さまざまな形で精神症状、ときに身体症状として表れ、さまざまな診断名がつけられています。

例:PTSD、不安性障害、パニック障害、身体表現性障害、うつ病、抑うつ状態、摂食障害、嗜癖、依存症、自傷など、自分で自分の健康を害する行為

トラウマ記憶の処理を行うことによって速やかにこれらの症状が変化することがあります。そして、苦痛をもたらすそれらの症状は、よりよい状態にご自身を導くために、気づきを与えてくれるチャンスでもあります。また近年は「今ここ」に焦点をあてる認知行動療法にも力をいれています。ただ単に症状をなくすのではなく、症状の成り立ちを紐解き、「今ここ」の自分がよりよい状態になるためのケアを行っていきます。また特殊な病態:産婦人科的な問題見当たらない不妊の悩み、幻肢痛、大人のADHD等についても対応しております。

私たちに出来ないこと:完全予約制で診察をしています。急な対応の依頼には応じることができません。突然の来院はお避けください。薬物療法のみによる治療を望む方は、より薬物療法に関する専門性の高い病院やクリニックをお勧めします。現時点では採血を行っていません。薬剤性の副作用のチェックや薬剤血中濃度測定の必要な方は、原則的にお勧めしません。採血を連携をしている近隣の内科医にお願いしている状況です。

これらをふまえた受診をお願い致します。

選定療養費について

当院の診療につきまして、以下の選定療養費+保険診療分をいただくことを原則とします。
初診 (心理テスト施行も含め50分程度): 6000円
30分枠(25分程度): 3000円
60分枠(50分程度): 15,000円
※選定療養(せんていりょうよう)とは、患者様が選定し、特別の費用負担をする追加的な医療サービスのことで、1994年の医療法改正によって規定されています。原則的には医療機関が公開で明示し、患者さんが選ぶという関係のなかで成立します。
定時の(平日9-18時)以外の時間帯に、本人やご家族のご都合で30分以上の予約をされる場合、お一人につき時間外選定療養費を+3000円(18時以降ご予約の場合は18時までにお会計)お願いしております。

医師によるフラワーエッセンスの選定

投薬を希望しない方、減薬を希望される方、その他ご希望がある方には、カウンセリングやキネジオロジーの手法を用いてフラワーエッセンスの選定を行うことができます。

カウンセリングについて

臨床心理士およびフラワーエッセンスセラピストによるカウンセリングはスペース白い花で行います。「スペース白い花」の領収書をお出しします。(こころとからだ・光の花クリニック隣接/阿佐ヶ谷北の2箇所ございます。ご予約の際にご確認ください)
・ カウンセリング料(25分枠) 3000円
・ カウンセリング料(50分枠) 6000円 

キャンセル・ポリシー

当クリニックは完全予約制です。
当日キャンセルがないようにご協力をお願いいたします。

院内紹介

光の花クリニック 診察室

診察室

光の花クリニック 待合室

待合室

光の花クリニック カウンセリングルーム

カウンセリングルーム

光の花クリニック 心理室

心理室

こころとからだ光の花クリニック
精神科・児童精神科・心療内科・内科
保健医療機関コード1537828

〒166-0004
東京都杉並区阿佐ヶ谷南1丁目34-9 サウスコート阿佐ヶ谷南203-R
03-6454-6525